記事スライドショー

トップ表示 文具

テプラ比較2019’【欲しいのはコレ】全13製品から目的別ベストバイを検証します

今回は、家庭でオフィスで大活躍の「テプラ」について、ベストバイを検証していきます。

30周年を迎えたテプラですが、そのラインナップは多種多様。3万円を超える高級機から、アンダー1万円のエントリー機まで、全13機種の品揃えとなっています。

自分もテプラPRO SR550Pの熱烈愛用者ですが、いざテプラを買おうとすると「機種ごとの違いがサッパリ分からない」という声も耳にします。この記事を読んでいただければ、必ず、あなたのベストバイに出会えるハズですよ。

本記事の推定読了時間は5分です。「そんな長ったらしいレビューは読みたくねえっ」という方は、目次から文末にぶっ飛んでしまってくださいね(滝汗

+ 今回の比較検討機種はこちら(全13製品)

テプラPRO SR970,SR750,SR670,SR530,SR370,SR170,SR5900P,SR5500P,SR3500P,SR-GL2,SR-GL-1,SR-RK2,SR45

スペック比較のポイント

まずは、テプラ本体を購入するときのポイントから確認します。細かな違いはあとで確認していきますが、ざっくりと以下の3点が重要です。

テプラ選びのポイント

  • ATOK搭載
  • 対応テープ幅(4~36mm)
  • PC・スマホ連携

ちなみに、本記事ではテプラの標準シリーズである「テプラPRO」について比較検討していますが、紙テープ専用の「テプラLite」「こはる」「ひより」、さらに、50mmと100mmの極太テープ専用の「テプラGrand WR1000」も販売されています。

ATOK(エートック)搭載

まずは、日本語変換エンジン「ATOK」の搭載有無です。

日本語変換エンジンとは、平仮名を漢字やカタカナへ変換するためのソフトです。日本語変換エンジンが賢ければ、熟語や固有名詞などを一発変換できます。逆に、変換性能が低いと、音読みで1文字ずつ漢字変換しなくてはなりません。

この日本語変換エンジン「ATOK」は、スタンダードクラス以上(テプラPRO SR530以上)の機種に搭載されています。ATOK非搭載のエントリークラスとの価格差は5千円ほどなので、テプラの使用頻度が高い方には是非お勧めしたい機能です。

対応機種

スタンダードクラス以上(テプラPRO SR530以上)

対応テープ幅

テプラの標準テープは幅4mmから36mmまでの7種類となっており、機種ごとに対応する最大テープ幅が異なります。なお、一般的な紙ファイルの背ラベルには12mmが最適とされています。

最大テープ幅製品名(テプラPRO)
36mmSR970SR750SR5900P
24mmSR670SR530SR370SR5500PSR3500P
18mmSR170SR-GL2SR-GL1SR-RK2SR45

ハイスペック スタンダード エントリー ホーム PC専用

ちなみに、筆者の自宅及び作業場でも、使っているのは12mmテープだけです。家庭やオフィスでの文書整理が主な用途であれば、基本的にどの機種でも必要十分でしょう。「宝の持ち腐れ」にならないように注意したいところです。

もちろん36mmの極太テープなら、下のような職人芸的ラベルも作成可能です。逆に言うなら、最上級機種を使いこなすには、デザイン的なセンスが求められるとも言えるでしょう。

36mmテープの作品例

さらに、標準テープのほかに、15種類の「機能性ラベル」があります。そのうち「カットラベル」と「転写テープ」はテプラ上位機種のみの対応となっています。

テープ種類製品名(テプラPRO)
カットラベルSR970SR5900P
転写テープSR970SR750SR670SR5900P

カットラベルはあらかじめ丸型や楕円にカットされており、フチ無し印刷が可能です。カットラベルを使用するのであれば、最上位機種を選択することとなります。

ちなみに、インデックスシールの作成に特化した「タイトルブレーン2」という製品も販売されています。こちらはコクヨの製品となります。インデックスシールしか作れないので使用場面は少ない?いやいや、筆者の仕事場ではテプラ以上に使いまくっていますよ。ファイリングが大好きな人には垂涎のアイテムだと思うので、テプラとあわせてご紹介しておきます。

PC・スマホ連携

スタンダードクラス以上(テプラPRO SR530以上)の機種では、テプラをパソコンに接続して使用することができます。なお、パソコン側には専用アプリ「SPC10」をインストールします。

パソコン上で実際の見た目どおりにラベルをデザインできるほか、Excelデータから「流し込み印刷」もでき、テプラ単体で使用するより使い勝手が飛躍的に向上します。また、手持ちのJPGデータを挿入したり、1675種類ものデザインテンプレートを使用することも可能です。

さらに、PC専用機のSR5900PとSR5500Pでは、スマホアプリ「TEPR LINK」でもラベルを作成することができます。筆者もテプラPRO SR5500Pの愛用者ですが、パソコンを立ち上げる手間が無いので使い勝手は抜群ですね。しかも、機能がパソコン版(SPC10)より絞られているため、直感的に使用できるのもポイントです。

対応機種

スタンダードクラス以上(テプラPRO SR530以上)、PC専用機

2019年テプラPROベストバイ

それでは、2019年テプラPROベストバイの検討結果です。

テプラ単体で使える万能機種として「SR750」を、場所を取らないPC専用機として「SR5500P」をベストバイに選出いたします。選出理由は以下のとおりです。

テプラPRO SR750

単体使用可能なテプラとしては、「SR750」をベストバイに推薦します。

まず第一に、ベストバイを検討するうえでコストパフォーマンスはとても重要です。テプラは定価と実勢価格の乖離が大きいことにも注意が必要です。

下表をご覧ください。最上位機種のSR970から、エントリークラスのSR370までの実勢価格を一覧にしてみました。最上位機種は突出して高価格ですが、下位機種ほど価格差が縮まります。少なくとも、SR370を選ぶ理由が無いことは一目瞭然です。

クラスハイスタンダードエントリー
機種SR970SR750SR670SR530SR370
実勢価格(税込み)24,792円17,549円14,779円10,721円9,945円
上位機種との価格差7,243円2,770円4,058円776円

したがって、どうしてもSR970が必要なユーザーを除けば、スタンダードクラスの3機種からベストバイを探すことになります。(ちなみに、SR970にしか無い機能は、「カットラベル」という専用テープに対応していることくらいです)

そして、スタンダードクラス3機種の「型番」にご注目いただきたいのですが、型番からSR670が最新世代であることが分かります。SR530は2006年発売ですから、10年以上もモデルチェンジが行われていません。

このため、SR750とSR670はスペックに逆転現象が生じており、SR750が完全上位という位置付けではありません。また、SR670とSR530にはかなりの機能差があるため、SR370はコスパが高い、ということにもなりません。(詳しくは、文末のスペック表をご覧ください)

魅力はハード性能

それでもSR750のハード性能の高さは大きな魅力です。大型液晶はテプラ単体で使用するときに重宝しますし、フォントの輪郭がスムーズな「アウトラインフォント」を採用しています。

最新世代のSR670は内蔵フォントやテンプレートがSR750より豊富ですが、PC接続(専用ソフトSPC10を使用)すればカバーできる違いです。モデル末期で値落ちしているSR750をベストバイとして推奨したいと思います。

ハード性能の高さがSR750の長所

  1. 大型液晶搭載(15文字×5行)
  2. アウトラインフォント
  3. 36mmテープ対応

テプラPRO SR5500P

続いて、PC専用機として「SR5500P」をベストバイに推薦します。

まずは実勢価格の確認から。見てのとおり、最上位のSR5900PとSR5500Pの価格差に明確な開きがあります。SR5900Pは上で紹介したSR750よりも実勢価格が高いという点がネックですね。

機種SR5900PSR5500PSR3500P
実勢価格(税込み)18,634円12,578円8,962円
上位機種との価格差6,056円3,616円

次に、3機種のスペックを比較していきます。SR5900Pのハード性能はテプラ最上位機種のSR970と同等です。SR5500PはSR670相当のハード性能ですが、ハーフカットとオートトリマーが付きません。

完全ケーブルレス!

ここで注意したいのが、SR5500Pのみ乾電池駆動に対応だという点です。せっかくコンパクトなPC専用機ですが、SR5900PとSR5500PにはACアダプタをつなぐ手間があります。したがって、完全ケーブルレスで使えるのはSR5500Pのみ、ということになります。

機種SR5900PSR5500PSR3500P
最大テープ幅36mm24mm24mm
無線接続LAN(有線・無線)Bluetooth×
オートトリマー××
カッターオートオートオート
ハーフカット××
高速印刷××
印字品質360dpi180dpi180dpi
乾電池駆動×○(単3×6本)×
カットラベル××

最上位機種のSR5900Pは、ケーブルレスで使えないという中途半端な仕様が残念で、上で紹介したSR750のほうが価格的にも魅力です。したがって、PC専用機としては、SR5500Pをベストバイに推したいと思います。(実際に筆者も使っていますが、SR5500Pとスマホの組み合わせは最強です

ちなみに、デスクトップPCと無線接続する場合には、「USBドングル」を使うのが手軽です。一つ持っておくと、他の機器とも無線通信できるので重宝します。

詳細スペック表

最後に、テプラPROシリーズのスペック表を掲載します。項目が多いので、おおまかに「ハード性能」と「入力・編集機能」に大別しています。

テプラの機種選びで注意すべき点としては、SR750とSR670のスペックの一部で逆転現象がみられることでしょう。最新型番(SR770)へのモデルチェンジが行われていないことが原因かと思われます。

ハード性能

ハード性能で重要なのは「フォント方式」で、最上位のSR970とSR750は「アウトライン方式」を採用しています。ビットマップ方式に比べて文字の輪郭がスムーズなので、印刷時の仕上がりに違いが出ます。

クラスハイスタンダードエントリーPC専用ホーム
機種SR970SR750SR670SR530SR370SR170SR5900SR5500SR3500GL2GL1RK2SR45
最大テープ幅36mm24mm18mm36mm24mm18mm
PC接続××
無線接続×LANBT×
フォント方式アウトラインビットマップビットマップ
液晶サイズ15文字×5行8×46×48×46×28×46×46×2
オートトリマー××
カッターオート手動
ハーフカット××
テープ長固定×
プレビュー
印刷履歴10件5件10件5件9件××
連続印刷×××
2WAY電源×××
ニッケル水素××
バックライト液晶××
高速印刷××

入力・編集機能

入力・編集機能に関しては、やはり日本語変換エンジン「ATOK」が重要です。また、機種ごとに内蔵フォントやデザインの種類に違いがありますが、スタンダードクラス以上(SR530以上)の機種はPC接続できるので、その違いはカバーできます。

クラスハイスタンダードエントリーPC専用ホーム
機種SR970SR750SR670SR530SR370SR170SR5900SR5500SR3500GL2GL1RK2SR45
ATOK搭載××
予測入力××
コピペ機能××
最大印刷行数13行8行6行5行3行
らくつめ××
内蔵書体数45273425139181777
デザインテンプレ136種×131種30種98種×13種×
ビジネスフォーム11種8種9種4種××
連番機能××
あて名登録××
ダイレクトキー4種3種5種1種3種3種2種3種
ホームキー××
文字サイズ13種7種6種6種5種
拡大印刷××
記号・絵文字1391123815001424123497210366871022859
表組み・外枠150991361249176856910164
合成フォント作成××
バーコード8規格7規格××

というわけで、今回は以上となります。

-トップ表示, 文具
-

Copyright© ひかくちう , 2019 All Rights Reserved.